ドコモの格安新プランahamoとは?どれくらい安くなる?現役販売員が解説します

12/3、ドコモが新プランの「ahamo」(アハモ)を発表しました。どんな内容なのかをサクッと解説していきます。

目次

料金や条件は?

至ってシンプルです。

  • 2980円/月
  • データ通信20GB
  • 通信超過時1Mbps
  • 5分間通話無料つき
  • 2年縛りなし
  • 事務手数料無料

結構どころか、かなり良い内容です。

他社比較

料金はドコモと楽天が最安。データ容量は楽天がエリア内ならトップ、他は全て20GB。

ちなみに全社2年縛りはありません。

各キャリアスマホ新プラン比較表

同社比較

2020年12月現在のドコモのプランはこんな感じです。

通常料金と最安は家族が3人以上・ドコモ光契約の割引を受けた場合です。

ドコモプラン一覧

一人で利用の場合はahamoが最安になります。

ギガホの最安と比べても2000円安くできます。60GBもいらない方はahamoでいいでしょう。

良いところ・悪いところ

改めて2980円で20GBは、他社より大幅に安くドコモにしてはかなり攻めたプランです。

通話も5分以内は何度かけても通話無料なので、多くの方は超過することはないでしょう。

しかし少々のデメリットもあります。

  • キャリア(ドコモ)メールなし
  • ドコモなのに変更はMNP扱い
  • オンラインでのみ受付
  • 20歳未満受付不可
  • ファミリー割引不可
  • 対応端末の確認が必要

少し長くなりますが、以下順番に説明していきます。

キャリアメールの「docomo.ne.jp」のアドレスはありません。またドコモからの変更時でも使えなくなります。

これは内部でMNP(乗換)扱いになっているためです。

ドコモ的には「ahamobile」というサブブランドを立ち上げる予定だったようですが、総務省からのツッコミで急遽プラン変更の体裁を作るために強引に変更したためでしょう。

https://www.ahamobile.jp

なので「プラン変更なのにメールアドレスが引き継げない」なんて事が起こるわけです。(ドコモは安くするためとは言ってますが)

しかし最近はGmailなどキャリアに依存しないメールを使う方が多いので、あまり問題にはならないでしょう。

また、ほぼ全ての手続きをオンラインですることになります。

中高年には難しいかもしれませんが、ドコモの想定年齢が20代との事で問題は少ないと思われます。

不安点は故障や紛失など緊急時もオンラインまたは電話対応のみというところでしょうか。

20歳未満の契約はできません。20歳以上の家族(親)に名義を変えてからの変更となります。

ahamoに変更するとドコモのファミリー割引のグループから外れます。

ドコモの今のメインプランのギガホ・ギガライトでは家族3人で割引が最大になります。

例えばそこから1人ahamoに変更すると、ドコモは家族2人の割引に減額されます。(−1000円→−500円)

また家族間の無料通話からも外れるので注意が必要です。長電話はLINE通話などでカバーしましょう。

ahamoに対応するスマホは現在は不明です。ドコモのものは対応するとは思いますが、他社端末など詳細は現在続報待ちです。

ただ動作保証はしていないので、基本自分で試すしかないでしょう。

他にも法人受付不可やeSIMがないなど細かいことはありますが、多くの方は気にするほどでもないでしょう。

まとめ

2980円・20GBでドコモの電波・エリアが使える、これはかなり大きいです。

12/3現在、対抗馬もいないのでドコモ独壇場です。

ただ内部的にはサブブランドなので、通信の速度帯域が他社貸出回線のように遅くならないか心配です。

ともかくこれから各社の価格競争が激しくなることを期待します。

ざっと走り書きしましたので、追記していくかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる