テレワークやオンライン授業にオススメのインターネット回線の選び方 WiMAXやAirなど比較して解説

急にテレワークになったけどネット環境がない…

 

子供のオンライン授業でネット料金が高くなる?

そんな悩みにプロがカンタン簡潔にお答えします。

目次

1日に何時間使うかチェック

オンラインでの会議や授業のアプリはたくさんありますが、最近多く使われている「Zoom」を例にお話を進めていきます。

まずはZoomで使うデータ量を確認。

Zoomのデータ量は1時間で300〜500MB。2時間で多くて1GB前後。

これを踏まえて1カ月の利用時間をパターン化。

1カ月の出勤を20日としたときの月のZoomでの通信量
  • 1日2時間で40時間=20GB
  • 1日4時間で80時間=40GB
  • 1日6時間で120時間=60GB
  • 上記以外に動画サイトもよく見る

以上の4パターンに分けて考えてみましょう。

短期間ならスマホのプラン変更でも可

パターン1と2あたりなら、ドコモ・auの場合はたくさん通信できるプランに変更だけで足りる場合が多いです。何かを買ったりしなくてもいいので楽です。(ソフトバンクは後述)

スマホで直で見る、スマホからテザリングでWi-Fiを飛ばしてパソコンかタブレットで見る、の両方できます。

またプランによってはWiMAXなどを追加で契約するより安い事もあります。

ではキャリアごとの解説をしていきます。

ドコモの場合

ドコモの契約の特徴は以下の通りです。

  • 7150円〜3980円で使える 5Gだと500円UP
  • ギガホ2はキャンペーンで60GBまで使える
  • 使い切っても1Mbpsで他社より速い
  • テザリングは無料で60GBフルに使える

パターン1・2は余裕で、パターン3(毎日6時間)はギリギリ対応OKな範囲。ただし使い切って速度が1MbpsになるとZoomがギリギリ使えないかもなので注意です。(ネットを見るくらいならできます。)

https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linux

基本料金は7150円、期間限定の割引が終了した後の最安は4980円、光がない場合の同最安は5980円です。最安にするには自分も含めた家族が3人いることが条件です。(以下他キャリアも同様)

ちなみにドコモの安い方のギガライトプランの最安+WiMAXで計算すると、1980+3880=5860なので、ギガホとあまり変わりません。数ヶ月つなぎで使うだけなら問題ないでしょう。

ちなみに5Gギガホなら4Gエリアでも使い放題でテザリングの容量制限もありません。5Gスマホへの機種変更が必要ですが、最強のモバイル回線が欲しい場合はありです。

プラン変更は翌月から適用です。

auの場合

auの特徴は以下の通りです。

  • 7480円〜3460円の右端のプランが最安
  • スマホでのデータ通信は無制限
  • テザリングは30GB〜の制限あり
  • 2GB以下の利用なら割引(今は大量に使うので関係なし)

スマホだけで使うならパターン1〜4全てに対応できる唯一の会社です。もちろんYoutubeなど動画も無制限です。

ただしテザリングは30GB制限があり、パソコンやタブレットと繋ぐならZoomは「パターン2」の毎日4時間を超えないように注意しましょう。

こちらも同じく安いピタットプラン+WiMAXを追加契約するのと大きく変わらないので、試すにはいいでしょう。

プラン変更は翌月から適用です。



ソフトバンクの場合

ソフトバンクの特徴は以下の通りです。

  • 7480円〜3480円 5Gも全く同じ料金と内容
  • YoutubeやInstagramなど一部コンテンツは通信ノーカウント
  • テザリングは500円かかるが50GBフルに使える
  • 2GB以下の利用なら割引(今は大量に使うので関係なし)

ソフトバンクは50GBを超えると速度が128kbps(ドコモの1/10)になるので、Zoom慎重に使いましょう。

また、テザリングも500円と有料なので他社より割高になります。

そして安い方のミニフィットプランも他社より1000円高いので、通信制限も考えればSoftBankAirやWiMAXを追加契約した方が安全です。

基本料金2980+3880WiMAX=6860円 または基本料金1980+4300Air1年目=6280円(2年目以降580円UP)

プラン変更は翌請求月からの適用です。

WiMAX SoftBankAir THE WiFi などの比較

やっぱりスマホだけでは心配なのでモバイルWi-Fiルーターも契約したいって場合もあるでしょう。

そういった方向けのチェックポイントはこちら。

  • どれくらいの期間使うか
  • どれくらいの通信を使うか
  • 外でも使うか
  • しっかりした会社か

以上を踏まえて選びましょう。

代表的な会社5社とプラン比較

以下は料金や使用などを比較した表です。WiMAX系、3社合体型、SofiBankAir系の容量無制限系3種類で比較します。

ちなみにどの回線も動画を複数人で見ると遅くなります。動画が多いなら1人で使うもの、と考えてください。

先に結論を言うと一番無難なのは「UQ WiMAX」です。では各社の説明をしていきます。

WiMAX比較

UQ WiMAX VS とくとくBB UQ WiMAX

WiMAXは「直近3日で10GBを使ったら18:00から2:00まで1Mbpsに通信制限」がかかります。パターン3の毎日6時間=3GB前後まではギリ耐えられそうです。

しかし逆を言えば日中は制限はかかりませんので、仕事や授業でしか使わないのであれば心配なくガンガン使えます。

WiMAXの電波は鉄筋は通りにくいのと、高層階には電波は届かないので注意です。

UQととくとくBBの違いは、

  • UQは、最初は高いけど解約しやすい
  • とくとくBBは、最初安いけど違約金高い

長く使わないのであればUQ、絶対に3年使うのであればとくとくBBでもいいでしょう。

UQはたまに店頭キャンペーンで本体代が安くなっていたり、何かしらの還元が場合があるので、それを見つければかなりオススメになります。

また、UQはauと繋がっているので潰れる心配がほぼありません。そのおかげで通信障害もおきにくいです。またセンターに繋がらなくて解約できないってこともないです。(どんなときもWi-Fiみたいに)

オンラインや電話でしか対応してくれない場合の、会社の信頼性は最重要です。

UQ WiMAXのご検討・ご契約はこちら

GMOとくとくBB WiMAXのご検討・ご契約はこちら

THE WiFi

THE WiFiはドコモ・au・ソフトバンクの電波を自動で切り替えて通信します。なのでエリアは相当広いです。

しかしルーターはレンタルしかなく、解約後に以下の一式をきれいな状態で返却しないと12000円請求されます。

  • 本体
  • microUSBケーブル
  • 取扱説明書
  • 外箱

2年後以降は違約金は無いにしても、解約までしっかり全部きれいに揃って持ってますか?

その自信があるなら最高速度は他社より遅いですが、エリアの広さではオススメできます。

ただ2年後にこのサービスがあるかはわかりませんが…。

SoftBankAirとモバレコAir

SoftBankAir系も契約に結構クセがあります。

  • 契約期間は2年なのに分割は36回払いしか選択できない
  • 一括分割問わず月月割は36回
  • 本体金額は59400円(税込)
  • 本体を実質0円にするには38カ月使う必要がある
  • 固定回線扱いの契約なので持ち運びできない
  • 本人確認書の住所=設置住所になる

まず分割払いの計算は以下になります。

基本料金4880-1500月月割=3380差額 → 差額3380+1500分割金=4880 これを36回繰り返す、一括なら分割の足し算はなく3380円

最初の24ヶ月目の更新月でやめようにも分割も割引も12回残っています。1500×12=18000円(税込19800円)解約後は分割残債の19800円の支払いが残り、以降月月割は消えます。

つまり最短の違約金も分割もかからない月は5年目の直前(48カ月目)です。

今後1〜2年で生活が変わるような場合はWiMAXにしておきましょう。

固定回線の契約になるので、友達の家に持っていく・車に設置する・引越し後ソフトバンクに住所の変更届を出さず使うなどをすると強制停止をされます。注意しましょう。

次にモバレコAirです。

モバレコAirは通信障害をしたあとに解約もできなくて炎上した「どんなときもWi-Fi」と同じグッド・ラックという会社が運営しています。

キャンペーン内容もあたかも月額料金から割引ような表現で安く見せているので要注意です。

しかし契約後はSoftBankに丸投げのようなので「電話がつながらなくて解約できない」ということはなさそうなので少し安心ですが、契約しない方が無難です。

モバレコAirのキャンペーン総額は25920円のようですが、それであればキャッシュバック無条件3万円の↓で入った方が絶対良いですね。(+5000円は条件があります)

SoftBankAirのご検討・ご加入はこちらから

契約者が18〜25歳なら毎月の料金を2000円×36カ月割引するキャンペーンもしています。しかしキャッシュバック系キャンペーンとは同時に受けられない場合があるので、契約前にご確認ください。

わからなかったらショップや家電量販店などでソフトバンクのSoftBankAir(ややこしい…)に入りましょう。

SoftBankAirは通信制限はないですがそもそもが遅いので、できればプラン変更でしのいで光の工事をした方が良いです。光が入れられない場合は仕方ないですが…。

加入できる地域なら↓が最強にオススメ

NURO光のご検討お申し込みはこちらから

まとめるとこんな感じです。

  • 契約月・分割は計画的に
  • 短期間ならやめた方が
  • 必ず契約住所で使ってね
  • できればソフトバンク公式のを契約
  • 家族3人以上がソフトバンクスマホならまぁアリ
  • 遅いのがイヤなら待ってでも光に

光が究極

光はスピードが速く通信も安定しているので、工事が待てるなら・プラン変更で凌げるなら絶対にオススメです。

ドコモじゃなくてもドコモ光を推奨します。

  • 工事費無料&dポイント還元
  • 無線ルーターはレンタル料0円
  • 他に機器購入なし
  • なので万一やめるときは違約金のみ(更新月は違約金なし)

dポイントは使える場所が多いのでいいですね。無線ルーターは8千円クラスの高グレードのものが無料でレンタルできます。

工事費が無料だと引っ越ししても最悪違約金だけなので気楽です。

ドコモ光でのおすすめプロバイダはスピードの速いGMOとくとくBBをオススメします。

ドコモ光のご検討・ご加入はこちらから

もっとスピードが欲しい・オンラインゲームに強くなりたい場合は先ほどチラッと紹介したNURO光をオススメします。スピードが普通の光の2倍です。

NURO光のご検討お申し込みはこちらから

まとめ

新型コロナの影響はいつまで続くかわかりません。数ヶ月で収まるのかはたまた…。

ただ慌てて準備するより、後のことを考えて契約する方が余計なお金をかけずに済みます。

最初が安くても、いらなくなった時に違約金が高い・端末の分割が残ってるなんてホント無駄ですので。

これからの生活に少しでも節約の助けになれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる