新型iPhoneSE価格発表!最安で買う方法は?販売のプロが解説します

ついに新しいiPhoneSEが発表されました。前のサイズを希望する方々は残念でしたが、それ以上に素晴らしい性能を持ってやって来ました。では早速解説していきます。

目次

新型iPhoneSEの価格はアップルストアが1番安い

iPhoneSEはの購入場所は、アップルストアでのSIMフリー版ドコモ・au・ソフトバンク(キャリア)でのキャリアロック版となります。それぞれの価格を見ていきましょう。(赤字はあとで説明)

iPhoneSE 第2世代 価格一覧

アップルストアが1番安く-他社より5000から-8000円ほど。1番高いのはソフトバンクとなりました。

キャリアは何かの割引があって安く見えますが、赤字の割引は以下に説明します。

かえとくプログラム・スマホおかえしプログラム・トクするサポート+とは

 

iPhoneSEを分割で購入し、2年以上利用後に下取りに出し、分割と相殺させる仕組み。次回の機種変更時に分割を残らないようにする事ができる。ただし、破損や水濡れなどが無い状態である事。

 

ザックリ言うと「SEを2年以上壊さず使って下取りしたら残りの分割無くします」って事です。ちょうど2年で必ず機種変更する場合は有効活用できますが…ちょうどで機変しますか?

ということで、購入価格はアップルストアが一番安くなります。

まとめ

 

金額の安さはアップルストアが1番。

 

でもキャリアで買うメリットはある

キャリアで買うメリットもあります。乗換(MNP)の特別割引です。ドコモオンランストアでは2万円引きになるといち早く公表しています。

なので店頭販売でも割引をする店舗が出てくると思われますが、もちろん発売するまでは割引はわからないので今しばらくお待ちください。

ドコモオンラインストアの例では64GBがMNP特別割引で35,024円、キャリア下取りの仕組みを使えば実質23,360円とアップルストアの半額まで持っていけます。

これがキャリアで買うメリットとなります。

ただしMNPには違約金・転出入の手数料・前キャリアの使用料金などがかかりますので、ご注意ください。(最大9500円+3000円+3000円+数千円=)

まとめ

 

割引を駆使すればアップルストアより安くできる。しかし違約金などで割引が帳消しになる場合も。

 

結局アップルストアとキャリアで買うのどっちがいい?

チェックポイントは以下の通りです。

チェックポイント
  1. 2年ほどで機種変更する
  2. キャリアの修理サポートを受けたい
  3. 設定がわからない
  4. ガラケーからの機種変更やMNP

こういった場合はキャリア版を買う方が無難です。

  1. 2年の機種変更ではキャリア下取り
  2. 修理や交換にすぐ対応できる補償センターがある
  3. 設定のサポート(有料)がある
  4. ガラケーやMNPは特別割引がある

といった特典があるからです。

あと、iPhone8あたりをキャリア下取り予定で購入している場合も、前機種を下取りして分割を消すしかないので、キャリアで買うしかありません。

ソフトバンクでのiPhone8購入時の例(画像荒くてすみません)

これらの特典がいらない方・割引が受けられない方はアップルストアで買う方が安いです。

まとめ

 

キャリアサポートをフルに受けるならキャリア版、できないならアップルストアで。

 

最後に

しかしいくらキャリアが2万円引いても、毎月の料金が高かったら意味がありません。

それよりもUQmobileY!mobileに変更してSIMフリー版を買う選択が一番安くなります。

iPhoneSEの購入を機に一旦基本料金の見直しもしてみてはいかがでしょう。

ちょっと古いですがご参考に↓

あわせて読みたい
【決定版】Y!mobile(ワイモバイル)とUQmobileって結局どっちがいいの?機種購入も含めて比較してみた 2...
【決定版】Y!mobile(ワイモバイル)とUQmobileって結局どっちがいいの?機種購入も含めて比較してみた 2...10月になり携帯電話会社各社2年縛り緩和や縛りなしの新プラン(分離プラン)が始まりました。しかしまだ大手キャリアの料金が高止まりしている感のある中で、格安サブブラ...

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる