スマホ格安新プラン徹底比較 最安は?ドコモ、au(UQ)ソフトバンク(Y!)

冒頭文カット&アフィリエイトリンクなしの忖度なしで早速結論です。

ドコモが一番安くて良いです。終わり。

携帯各社新プラン一覧

って終われるくらい圧倒的な差です(笑)しかし一応比較していきましょう。

目次

比較するポイント

大きく分けて以下の5つです。

  1. 料金
  2. サービス内容
  3. 電波の良さ
  4. 通信速度の快適さ
  5. 契約のしやすさ

順番に見ていきましょう。

料金

ドコモと楽天が最安です。

上の表の通り他社が3980円や4480円のところ、ドコモ・楽天は2980円です。

また楽天は新規加入で1年間無料キャンペーンをしているので、それも含めると最強最安です。

料金
docomo
2980円
楽天モバイル
2980円(1年間無料)
UQmobile
3980円(2台目以降3480円)
Y!mobile
4480円

サービス内容

月間のデータ通信量はドコモ・UQmobile・Y!mobileは20GBで使い切ると1Mbpsとそこそこ速いです。

楽天モバイルは楽天エリア内は使い放題ですが、エリア外のパートナーエリアでは5GBまで、使い切ると1Mbpsです。

データ量
ドコモ
20GB
UQmobile
20GB
Y!mobile
20GB
楽天モバイル
無制限(5GB)

通信速度の快適さ

MVNO(レンタル回線)のように時間帯などにより遅くなることはまずありません。

MVNOは回線をたくさんレンタルできないので、細い回線にユーザーを詰め込むので遅くなる。

大手は自前でユーザー数に適した回線を準備できるので遅くならない。そんな感じです。

強いて速度の差を挙げるなら、5Gに対応するドコモ・楽天が5Gスマホを使えば速くなります。(5Gエリアで)

最大通信速度
ドコモ(5G)
4.1Gbps以上
楽天モバイル(5G)
867Mbps
UQmobile(4G)
225Mbps
Y!mobile(4G)
非公表(988Mbps?)

電波の良さ

地域で異なりますが、ドコモ・au・ソフトバンクで大きな差はないでしょう。

ただし、楽天モバイルは自社エリアのカバー率が70%を超えるとパートナーエリア(au)が撤収されるといわれています。

それにより、知らないうちにエリアが一気に狭くなりつながりにくくなるので注意が必要です。

話がそれますが、MVNOはドコモ・au・ソフトバンクの電波を使っています。

なので「電波が悪い」事は絶対ありえません。速度が遅いのは先ほどの「詰め込みすぎ」が原因です。

契約のしやすさ

全社オンライン契約ができます。

しかし店舗で契約をしないと不安だ、という場合はUQmobileやY!mobileがいいでしょう。

楽天モバイルは契約店舗が限られているので、地域によっては近場に契約できる店舗ない場合もあるでしょう。

ドコモのahamoは完全にオンラインのみでの契約になり、ドコモショップでは契約できませんので注意です。

契約しやすい
少し契約しにくい
  • UQmobile
  • Y!mobile
  • 楽天モバイル
  • ドコモ(ahamo)

まとめ

契約方法以外はドコモのahamoが優秀です。

ドコモ・au・ソフトバンクで3GB以上使う方は契約してもいいでしょう。

また、20GBも使わないのであればUQmobileのスマホプランSが3GBで1980円なのでちょうどいい感じです。

1ヶ月1000円違うとすれば、1年後には12000円違います。家族三人なら36000円も。

ちょっとした旅行分も違ってくるのであれば、できるだけ早く変更する方がいいですよね。

節約しつつも早く気兼ねなく旅行ができる日々が戻って欲しいものです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる